かんぱち

かんぱちの肝臓と胃袋の味噌和え

もともとは高知で教わったあんきもと胃袋の和え。

そのあと再現というか自分流にアレンジもしてみました。

しかし、あんきもは美味なるがゆえに高い

値段でいうとその1/4位というか実質ただで捌きとかの手間賃程度の値段

かんぱちの肝臓と胃袋を使ってみました。

普通には売られていないかもしれませんが。

普通に捨てられているのかもしれません

店頭で売られているかんぱちの刺身の量を考えるとね。

魚屋さんに聞いてみてください。

かんぱちは養殖ものが多くなってきています、まるごと仕入れられているはずです。

(遠洋ものだと冷凍される時内臓は捨てられているんではないかと想像します)

これは、前から読んでくださってる方は覚えていらっしゃるかも

前に試作品として載せました。

なぜ試作だったかというと、きもの臭みがちょっと残りました

やはり、肉食回遊魚はあくが強い。

あんきもは高価なので失敗を恐れて慎重にやりましたが、

かんぱちは大胆にあっさりと

普通に湯びきをしました

(あんきもの時はお酒で湯びき、気持ちの問題なのか?効果はあるとおもうけど)

肝はすりつぶし、胃は小さ目にきります

和えるときに、味噌を使います。あと酒とみりん。砂糖少々。

味噌で臭みは解決できました

すこし慎重に金山寺味噌を使ったんですが、普通の味噌でもいけそうです。

もっとも、この味噌をいろいろ試してみればもっと広がるかもしれませんね。

盛り付けもそっけないですね、ねぎをのせただけ。

安くておいしいです。

あなたを傷つけるつもりは決してないのです

わたしの傷んだきもちがそうさせているのかも

もっとやさしくなりたいです

広告
カテゴリー: さかな パーマリンク

かんぱち への2件のフィードバック

  1. Unknown より:

    これってカワハギの肝だとダメ?以前淡路島でウマヅラハギがたくさん釣れたので、カワハギのしゃぶしゃぶをしたことがあるのですが、その時カワハギの肝をすり潰してポン酢に混ぜたのをタレにしたら、その美味しさたるや顔がほころんで元に戻らないほど。以来カワハギの肝は個人的なヒットです。簡単に釣れるし、図体のわりに肝がでかいし、魚屋で買っても安そう。。。胃袋はちょっと使えなかったけど。。。だって、餌に使ったゴカイが出てきたら嫌だもの。。。

  2. くもり より:

    おお。ついに現れましたね。釣人。釣人は魚の一番美味い食べ方を知っているといいます。かわはぎは試したことありません。今度やってみたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中