バレエレッスン

バレエレッスンを受けました。

えにも書きましたけど、バレエが踊れるようになれるなんて夢にも思っていませんから、ご安心下さい。これ本当に健康にいいですよ。くバレリイナは痩せ過ぎって言われますけど、過度のダイエットは確かによくありません。バレリイナを目指しているわけではないので、いいとこだけ頂きです。は言うもの、野望があります。それはモダンジャズを踊ること。ダンジャズはバレエのモダンとかコンテンポラリィとかに近いと思います。バレエの技術が不可欠と見ました。ームズ(腕)とかコア(体の中心部)のしなやかな使い方が必要です。ズム感ではないところでの表現の伝達が求められているような気がします。HIPHOPとかJAZZでは音に合ったリズム感の方が大事っていったら、違うって怒られるかな。たとえが悪いかもしれません。んな訳で、結構マジにやってました。の日の先生はいつもの先生とは違う代行の先生でした。いつもの先生は若い先生なので年上のわたしには指導も遠慮がち(もしかして嫌われている?)なのですが、その日の先生はそうでもなかった(失礼)ので、随分いじられました。ンバーの手の甲はもっと下向けてはいいでしょう。足の小指の向きが違うっていわれても・・それってどうするのよぉ・・でした。めつけは、5番でのルルペ(つま先を揃えて出来るだけ細くなってつま先で立つこと)のときに、足と足はぴったりくっつけるのよ、足の間に手が入らないほどにねっ。っていって、いきなりわたしの太ももの間に後から、手を突っ込まれてしまいました。「ううっぅ。。そ。そこわぁ。。」

 

きもちいい

広告
カテゴリー: 趣味 パーマリンク

バレエレッスン への3件のフィードバック

  1. Unknown より:

    バレエレッスンいいなぁぁぁむかぁ~し昔、TVドラマの影響でバレリーナになりたかった私。。。あんなに柔らかかった身体も今じゃカチコチですわ(涙)

  2. Unknown より:

    小1の時、向かいの家に住んでいた仲良しの5歳年上のお姉さんがバレエ習っていて、母に「私も!」とお願いした所、「私(母)の子はバレリーナにはなれない骨格だからダメ、バイオリンかピアノにしなさい。」と却下されました。その後、お姉さんはヨーロッパにバレエ留学し、プリマドンナ。私のピアノはご近所に迷惑だけかけて合唱コンクールで伴奏する程度、結局モノになりませんでした。年下の先生が遠慮がち・・・って、なんだかなぁ。そういうシチュエーションこれから増えちゃうんだろうけど。>私

  3. 牧歌 より:

    くもりさんの年齢、容姿を存じ上げませんが、肴を拵えるバレリーナ、いやジャズダンサーのイメージが湧きません。拙はもっぱらヨガと水泳のオジサンですが、水中エアロビを見ていてやりたくなります。クロールでさえ曲に合わせて回転しています。単にノリ易いだけか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中