次の記事について :第34食目

トラックバックってやつ、つかってみよう。

わたしのフォトにある「秋の彩」思い出しました。

あれは。四国の松山からさらに山間に入った内子という町。

古い町並みが残っている、とても素敵なところです。

軒先につるしてある干し柿。

お金置いとけばかってに持っていっていいってやつです。

それを自分の家のベランダに吊っておいて、お正月にいただきました。

去年かおととしのことでした。

今年の秋はそんな旅。またしたいなあ。

今日は写真UPしませんフォトを改めてみてください。

内子といえば、演劇場(回舞台とか奈落のある本格的なやつ)木造。昭和初期か大正のころの建物があるところです。いま思い出したので、写真を探して後日UPしておきます。

元の記事からの引用

第34食目

そうそう、全く関係ないんですが木の棒に一列にささった干し柿をもらいました。棒にささっているのは始めてみたので、写真にとってみました。干し柿、干しいもも大好き!なんで干すだけであんなに甘みが増すんでしょうか?太陽の恵みはすごい!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

次の記事について :第34食目 への3件のフィードバック

  1. Unknown より:

    そういえば、市販の大根切り干しとかも、一度お日様に当ててあげるだけで、甘みが増すようです。TVで大根農家のお嫁さんが言ってました。

  2. Unknown より:

    まあ!初トラバにつかっていただいてありがとうございます。笑。干物っていいですよね。ぜひレシピ紹介してください。とりあえず、うちでは今日も大量に入手したので柿なますの柿を干し柿でやってみまーす。

  3. 牧歌 より:

    何年か前に地下鉄四谷駅のプラットフォームに大量の大根が干されているのを堀側から見つけたことがあります。なんでも駅長さんの菜園から持ち込んだものとか。ああいうのを見て、拙は旨そうと思う。知らない人が読んだら、大根を地下鉄駅で干すのは変に聞こえるかもしれないですね。渋谷と四谷は正に谷間だから地上に出ているだけの話なんですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中