わかさぎ

 わかさぎ味噌焼き べったら漬のあわせそうす

わかさぎを買いました

淡水魚の旬ですから

味噌焼きにしました

きょうのそうすはべったら漬(なにそれ?)

 

 

わかさぎは焼く前に

味噌(白)をお酒で溶いてかけました

 

 

焼きあがったら、ポン酢でどうぞがベーシックです。

そう(す)はさせない。

 

べったら漬・なすの浅漬「1:1/3」でフードカッター

黒酢を加えしょうがのおろしをほんの少しだけ。

お皿に盛り付けたわかさぎの味噌焼きに乗せます。          

 

話は一見飛びますが、今韓流ブームですよね。料理の世界ではこの韓流はずっと以前からあり、韓国式焼肉とかキムチはよく食べます。特にキムチはどこの家庭にでも常備してるんではないでしょうか。そのまま食べるのもよし、あるいはもはや、味噌しょうゆにつぐ調味料なのでは。キムチ炒めはおいしいですね。でもわたしの家には有りません。使わないという意味ではないんですが、必要なとき買ってくるだけ。日本に古くからあるものを見直して見ました。それはべったら漬。調味料として使います。特有なにおいというか臭みを中和させるのと、彩りを加える目的で、ナスの浅漬をブレンドしました。フードプロセッサーの歯はすりみ用でいいのですが、今回はあえてぶつ切り用のカッター歯で刻みました。漬物の食感を残すためです。それにしょうが(焼魚にはこれって癖になってますが、なくてもよかった、それくらいべったらは仕事をしてくれた)と黒酢を加えます。ワインビネガーとかじゃなく「日本」の黒酢で勝負ですが、これもそれほど刺激的な味付けでなくてもいいよ、という場合は不要です。べったら漬はキムチに匹敵する調味料です。ベースとトッピングになにか適当な青物を使ってください。写真は、春菊とそばの芽です。

べったら漬の刻みはちょっと作りすぎたので、ご飯の上に載せていただきました。           

 

ブログランキンク  

サインインするのが面倒な方。サインイン不要な  「だれでもけいじばん」 もあります。コメント残していただけるとうれしかったりします。。。。くもり

広告
カテゴリー: さかな パーマリンク

わかさぎ への4件のフィードバック

  1. くもり より:

    一般的なわかさぎ料理ですbyくもり

  2. 牧歌 より:

    ホワイト・ベイトという小魚があります。ワカサギほどの味わいは無いのですが、安くて旨いです。スコットランド人が土産に持って来ます。唐揚げばかりが脳じゃないのね。明日はstorage用ブログを作成予定です。

  3. 歩射人 より:

    そうっすか・・・。

  4. Unknown より:

    フリッターで食べてました。味噌と!べったら漬けやね!フムフム!了解!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中