セロリ蒸

 

 セロリ蒸し

   クリームチーズ カニカマボコ 鰯すり身

一つ思いつくとどうしても派生しちゃいます。
セロリ版です
乗っけたのは、カニカマボコ・鰯のすり身です。

 

 

セロリは予め茹でておいたほうが食感が良い様です
クリームチーズをスプーンの背中を使ってこってり塗込みます。
カニカマボコを並べてから鰯すり身で固めるように盛りつけ。

蒸し器で蒸すか、あるいは電子レンジでも良いと思います。
ちょっとオリーブオイルを垂らして香り付けをしました。

 

 

味付けとして、梅肉を加えて見ました
鰯のつみれには梅肉がよく合うと思います。
彩りで、ホワイトフレンチドレッシング。

      

世の中には贋物がたくさんあります。
街中の建物なんか贋物のオンパレード
石とか木材で造られていても贋物が結構あります
見た目が綺麗だとむしろ贋物。
自然の材料は粗雑なものなんですよ。

同じようにブランド商品とか芸能界にもありますよね
贋物であることを売りにする分には良いのでしょうけど
詐欺まがいはいただけませんね。

食品の世界でも、例えば産地を偽るのは完全に詐欺ですが
回転寿司の平目エンガワなんてのは功罪合い半ばでしょうか。
わたしの好きな、からすかれい(とろかれい)も、かれいではありませんが
まあ許せるでしょう、できるなら本当の名前で売ってほしいけど。

ところが、贋物であることを売りにしているのがこのカニカマですね。
しかも、美味しかったりします。

でも、カニカマのサラダなんかがレシピとして紹介されているのを見ると、さすがにむかつきます。そのまま過ぎるやんけぇと。

今回のは如何でしたでしょうか。  

ご批判はお受けいたしますが、善処はいたしません。

                         

 

ブログランキンク応援してくれたら嬉しい  

サインインするのが面倒な方。サインイン不要な  「だれでもけいじばん」 もあります。コメント残していただけるとうれしかったりします。。。。くもり

広告
カテゴリー: シーフード パーマリンク

セロリ蒸 への4件のフィードバック

  1. Unknown より:

    たいていのニセモノ食品には見向きもしない拙宅のネコは、なぜか「かにかま」と「裂けるチーズ」には目がありません。あまりにガツガツ食べるので、添加物が心配で最近はやるのを控えてますが。ああ、つみれが食いたい。でもイワシのはらわた出すのが面倒……とか言ってるから食生活が向上しないんですね、反省。

  2. くもり より:

    いわしのすり身は売ってますよ。すくなくともダイエーでは。Cassさんは完璧主義者?誰かの手にかかったものは信用できない?すべてのことを自分でおやりにならなくても利用できるものは利用したほうが。男もね。猫は人間なんかより本能で生きているから大丈夫ですよ。かにかま複数のメーカーのもの猫に食わしてみて猫が食べるものだけ、食べたら安心です。

  3. 歩射人 より:

    幼少時代・・・カニカマは高級だと信じていたあの頃・・・今でもその頃の影響か、カニカマが入っていると豪華に感じてしまう私でした・・。

  4. くもり より:

    お米はお百姓さんの八十八の手間をかけたものだから、一粒たりとも無駄にしてはなりませぬと教わりました。かにかまって考えたひとすごい。食べ物すべてに感謝ぁ。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中