ホワイトアスパラ

 

  ホワイトアスパラ ホワイトソース

では、改めてホワイトアスパラに

再挑戦です。

今度は出来るだけ
アスパラをそのもので食べることを目指しました。

 

 

一緒に使ったものです。
上から順に

鶏のヤゲン軟骨です。スープの出汁取りを兼ねて使いました。

菜の花です。まだ華の蕾はかたいですけど。

たもぎ茸です。シメジの仲間だと思います。

 

軟骨は予め焦げ目がつくほど焼いておきます。
フライパンに移して、スープつくり。
牛乳とクリームチーズとワインと小麦粉で煮込みました。

スープが出来たら、アスパラを入れて更に煮込みます。
アスパラは茎の下の部分だけ予め、茹でておきました。
均一に柔らかくするのと、時間節約のためです。

それと。今回大事なのは。
アスパラの皮剥きをしたことです。食感をよくするためのものです。

 

アスパラが柔らかくなったらアスパラだけを取り出して
生ハムを巻いて、お皿にうつします。

菜の花とたもぎ茸も、予め、食べれるくらいに茹でておきます。
アスパラを取り出した、フライパンに入れて、
軟骨ホワイトソースと和えます。

お皿のアスパラに盛り付けて、
イタリアンパセリをトッピングすれば、出来上がり。

 

出来るだけ、素のホワイトアスパラを食べたかった。

しかし未熟な私には、出来ませんでした。
味のものたりなさは、ソースの味をもっと染ませればいいのか?
それとやはり、筋っぽさが気になるのは、太いからか、オーストラリア産だからか?
結局、生ハムで巻いてしまいました。
それで、美味しくはなったんですけどねぇ。

やはり、ベーコンとか肉で巻いたり、サラダに混ぜたり。
脇役での、主に食感で楽しませることしか出来ないのか。
今度、プロの作ったアスパラ料理を食べに行こうと思うくもりです。

缶詰の方は味付けだけの問題やね。
缶詰はもうそのままマヨネーズで食べたって、十分美味しいっておもってる

ちょっとなげやりかな。


 

ボチッとな。   

サインイン不要な 「だれでもけいじばん・・闇鍋掲示板」 。。。。くもり

広告
カテゴリー: 野菜 パーマリンク

ホワイトアスパラ への6件のフィードバック

  1. Unknown より:

    なんだかイマイチだったような感想だね。缶詰と生じゃ、食感はかなり違うから?私がスペインのパラドールで食べた時は温野菜風のマヨネーズ系ドレッシングとボタージュ系スープになってたかな?それにしても生アスパラ食べたいよ!

  2. くもり より:

    期待が大きかっただけです。多分世間に充分通用する味です。茹でればもっと柔らかくなるって思ったんですけど。それと、スープの味がそれほど染みないんですよね。

  3. Unknown より:

    そっかぁ・・味の染み込みと筋か!見当たらないから・・今日はグリーンのでサラダの付け合せにフツーに食べた・・・白いのを求めて^^・・・調理法か・・・食べたいなぁ!

  4. 牧歌 より:

    白アスパラは英国ではさらに高価です。手が出ません。でも、旨そうだからちょと試してみようかな。

  5. バッチ より:

    体調も回復したのでホワイトを探して見ます。でも、高い…缶詰から始めてみますかね♪

  6. くもり より:

    みなさま。いらっしゃいませ。昨日から自分のブログさえ見れない感じです。mikaさん。。。お体。調子はいかがですか?ま。体調不良の時もあるってことで。ゆっくりしはったらええとおもいます。くもりは自業自得の体調不良です。牧歌さん。。。相変わらず、お忙しそうですね。そうなんですか。高いのか。でもチーズは安いからいいじゃないですか。うらやましい。チーズ売り場はいつも横目でとおりすぎています。アイバッチ さん。。。原因不明の腹痛はやはり、お医者さんに診てもらったほうがいいとおもいますよ。なんか。本格的なホワイトアスパラの季節が待ち遠しくなってきている、くもりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中