HIP HOP とは

 

ヒップホップカルチャーとは1970年代のニューヨークのサウスブロンクス地区で生まれた文化で、当時のスラム街のストリートで生まれ流行した。大きく分けて4つの要素がある。

 

それは MC、  DJing、  Graffiti Art、  Street Dance 。

 

MCは、ボーカル。これをいわゆるRhyming(韻をふむ)でやるのがRap。Rapをやるヤツが、"ラッパー"。

Djingは、レコードをPlayするヒト。DJと呼ばれる。"Cuttin"、"Mixin"、"Scratchin"などと呼ばれる技を駆使しての能力が競われる。

Graffiti Art。"Graffiti"と呼ばれることも。ただの"落書き"から始まったこのアート、自分の名前、もしくはメッセージを書き記す"Tagging"から、"Bombing"と呼ばれるスプレーアートまである。

 

 
そしてStreet Dance 。

  Old School (Lock dance 鍵をかけるの意味、瞬間停止させる振りが入る)

  New School (広くHip-hop Danceと呼ばれるものは、これ)

  Break Dance ("Breakin’"とも、頭でグルグル回ってしまったりする、アレ)

このブログではこれらについて語っている。右の動画参照。

ヒップホップはアフロ・アメリカンが創造した文化そのもの。〝ブラック・カルチャー〟全体を称して使われる。

ヒップホップ的な生き方、考え方とは、周りに流されず、自分の個性を大事にし、それを誇りに思うこと。ヒップホップの生まれたサウスブロンクスは、貧しい人たちの街。治安も悪く、希望も失いがち。そんな中、ヒップホップカルチャーはお金のかからない娯楽として、そして単なる娯楽ではい表現の場を与えるものに。ダンスを通して、グラフィティを通して、ラップを通して、彼らは自分たちを表現していった。その中からヒーローが生まれる。

日本でも、自己表現の場を得られない社会の中で、ヒップホップは自己表現の場を提供している。それを、落ちこぼれと表現するかもしれないが。

さて。現実の日本での話。

なにはともあれ、格好から入るなら。下。(クリックで大きくなりますって。いわんでもわかってるかぁ)

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

HIP HOP とは への4件のフィードバック

  1. Chisato より:

    オレンジレンジもヒップホップですか?(とか訊いたら怒られる?)

  2. m より:

    日本の音楽の場合ヒップホップと歌謡曲の線引きがわからぬ。歌謡曲?と思っていたらヒップホップだ、と言われたりするもんで・・

  3. Unknown より:

    貧しくても夢があるのは、昔も今もスポーツと音楽だーね。希望って大切だよ。

  4. くもり より:

    アーチストがヒップホップだと主張している場合はそうだと認めてやってください。日本の場合。それを真似ているだけだとおもいますけどね。メッセージ性は別にひpほpでなくても。音楽全てにあると思います。二世が通じないのがある意味スポーツと音楽だけかもしれませんね。夢を追いかける値打ちがあると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中