アボカド和え

 

 

 

雰囲気はいいのですが・・・バンガローの続きです

 

囲炉裏の写真の片隅にある 鍋。

器がなかったので、コレに盛りました。ちょっとネエ。写真撮る気起きませんでした。

そこで仕切りなおし。作り方まで撮りました。珍しくサービス精神出してます。

 

 

オリーブオイルはにんにくと鷹の爪で香りつけ。低い温度で時間をかけて。

 

 

 

 アボカドを半分に切って、種を取り出し、皮を剥きます。

アボカドは腐る寸前の熟した柔らかいやつを選びます。なかったら寝かしておきましょう。

スプーンなんかで潰します。

 

 

 

先のオリーブオイルでまぐろとたこの表面を炒めます。

 

これらを(オリーブオイルもです)混ぜ和えて出来上がり。

塩胡椒で味調整。

わさびを入れるのもいいですよ。

 

 

 

 

いまやわたしの定番になりました。シーフードのアボカド和え。

これ。何にも見ないで発案したのですが。

けっこう他でもすでに作られていました。

メキシコ料理のワカモーレというのも、この後知りました。

初めてだったら凄かったけど、先人の知恵にはかないません。

 

詳しく書いたので、LOGの更新は後日でお許しください。

 

 

 

また更新が滞りがちになっています。モウシワケアリマセン。

カメラが潰れてしまいました。

新しいカメラにしたのですが、メモリーを家ではPCに接続できません。

 

「ADSLよさらば。光よ来い」作戦展開中。

切り替えがうまくいきそうにないです。

ラップして接続料金を1ヶ月も払うほど太っ腹じゃありませんから。

来週から再び接続不能になる予定です。家は。

 

 

広告
カテゴリー: シーフード パーマリンク

アボカド和え への5件のフィードバック

  1. yama より:

    コンニチワ-*お久しぶりです-アボカドって 食べてみた事ないような気がする森のバタ-と呼ばれてるそうなんですけどホントなんでしょか??乳加工品用の牛乳搾ってるせいかそういう事が気になるお年頃っすよ>お年頃ってアンタ(;^_^A

  2. 牧歌 より:

    くもりさんと拙の共通点はインスピレーションで料理を作ること。だから、レシピや料理名を聞かれても答えられないことがあります。こうやったら旨いだろうとイメージ出来るんですよね。先日、セレブ・シェフのゴードン・ラムゼイが「和食なんて簡単だ」とテレビで豪語していました。無知ならでは、貧困イメージゆえの発言です。いつかギャフンと言わせてやる。

  3. Unknown より:

    詳細が後日だから分からないけどアボガドの色がキレイなままだからやっぱりレモン汁を入れたのかな?

  4. くもり より:

    ブログコンテストなんかに参加しているわりには、やる気ナッシング。マイペースの更新とコメ返です。アボカド最近よく売られています。普通にサラダなんかに入れて食べるのも美味しいですね。でも。このようにソースにして食べるのもいいですよ。メキシコ料理のワカモーレというのは、いただいたことありません。レモンを入れるのかな。今回はそれはしていませんけど。アボカドの色は、腐る前までは充分綺麗な色だと思います。でもソースにするのは腐りかけのほうが美味しいんですよね。黒ずんでます。今回は丁度色がそのままで、柔らかくなったヤツを選ぶことが出来ました。

  5. Chisato より:

    美味しそうですね・・・ここまで詳しい解説があれば、私でも作れるかも?と思ってしまいますわ。アボガド×シーフードって、ハワイ料理のポキにも似てる気がします。ポキ大好き、ワカモレも大好き、やっぱアボカド最高♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中